charger

内装

インストの指定色はアバウトだったので、ネットで拾った画像を参考にしました。

バックルのキャッチ、背もたれのリリースレバーなんかもパーツ化されていました。

Pict0061

| | コメント (0) | トラックバック (0)

完成

シャーシ完成。排気系、ミッションがぎらついた塗装になっていますが、この辺は私の趣味ということで・・・

Pict0060

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンジン

オイルのレベルゲージもパーツ化しちゃってます。

エンジンを搭載してみました、カバーとラジエターをつけると中はまったく見えません。アメプラってこういうところが、妙に律義なんですよね。でも車の構造を理解できるし、何より作っていて本当に楽しい、国産メーカーさんにも見習ってもらいたいと思います! (特にダイキャストシャーシを多用している会社ね!)

  Pict0058Pict0059

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャーシ

ここまで再現されているので、シャーシの裏側が黒一色では味気ないと思い、インストの塗装指示と想像で、塗りわけてみました。

シャーシには無数にダボ穴が開いているのですが、全てパーツで埋まります。

Pict0055

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サス

サスのパーツ点数も多く、リアルに再現されています。

Pict0056

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デカール貼り

アメプラの王道的な、安っぽいデカールを貼りました。

Pict0053

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボディー

ボディー色は、オレンジとしました。

Pict0052_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

修正終了

エアモデル用のテンプレートを使用して、パネルラインを堀起します。

 Pict0046Pict0047

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フューエルリッド

フューエルリッドは開閉可能になっております。・・・が、ラインを整えるために埋めてしまいました。 

Pict0044Pict0045

| | コメント (0) | トラックバック (0)

調整その2

前後とも同じ工作を施します、トレッドも狭く感じたため、プラ板も噛ませておきました。

Pict0043

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧